【期間限定】ビジネスの裏側大公開!初心者向け仕組化ビジネス完全攻略ガイドリリースしました

物販

物販をやるのに必要な物をまとめてみた

こんにちは、ラプラスです。

今回は、物販で必要なツールをシンプルにまとめました。

僕自身が今現在使っているものたちなので、

とりあえずこれさえ揃えておけば困ることはないと思います。

プリンターやガムテープは

既に家にあることも多いと思います。

ただ、物販の用途でのみ利用するのものもありますので

それらは初期費用と思って割り切って揃えてください。

ざっと計算したところ

諸々合わせて計2万円前後で揃えられます。

必要なものリスト

  • ガムテープ or クラフトテープ
  • プリンター
  • 透明なテープ
  • ラベルはがし+ハケ
  • ラベル(型番号:KPC-HH124-20)
  • メジャー
  • 要期限管理商品の紙
  • 透明OPP袋
  • 緩衝材(プチプチ)

ガムテープ or クラフトテープ

ガムテープかクラフトテープどちらかでOKです。

商品を段ボールに入れて、

封をするために使います。

プリンター

Amazonで商品を出品するためには、

商品1つ1つにバーコードのついたシールを貼り付ける必要があります。

また、納品の段ボールにも商品ラベルを貼り付けなければなりません。

あと、配送会社に出す配送伝票も印刷する必要があります。

それらの印刷のためにプリンターを使います。

以下は僕が使っているインクジェットプリンターです。

Wifi接続可能で、PCから無線で印刷ができます。

透明なテープ

先ほどのガムテープは段ボールの封に使いますが、

これは、商品の入った段ボールに商品ラベルを貼り付ける際に使います。

ラベルを覆う形で段ボールに貼り付けるわけですね。

そうすると納品したとき、

向こう(Amazon倉庫)の担当者の方が見やすいです。

ラベルはがし+ハケ

仕入れてきた商品にお店のバーコードや万引き防止用のタグなどがついていたときに、

これを使うと簡単にきれいに剥がすことができて便利です。

ラベル(型番号:KPC-HH124-20)

Amazonには商品ごとに独自のバーコード(ASIN)があり、

これはJANコードとは違います。

なので、仕入れた商品に新たにASINの載ったラベルを

貼り付ける必要があります。

そのためのシールですね。

メジャー

集荷で配送会社の担当者に家に来てもらって送る際、

商品の入った段ボールの箱の大きさを測るために使います。

要期限管理商品の紙

要期限管理商品というのは、賞味期限のついた商品のことです。

食品や飲料ですね。

賞味期限のついた商品の入ったダンボールには

要期限管理商品の紙を貼り付けるというルールがあり、

これはAmazonからダウンロード可能なのですが、

既にシールになって売られているので買ってしまった方が時間がかからなくて良いです。

Amazonで購入

透明OPP袋

これは、セット売り商品をまとめる際に使います。

例えば、単品と2個セットではAmazonでは別々の商品として認識されます。

なので、2個セットで売る場合は一つにまとめて1商品として納品する必要があります。

そういうときに透明OPP袋に入れると便利です。

緩衝材(プチプチ)

緩衝材は、

商品が輸送の衝撃で傷まないように商品同士の間に敷く感じで使います。

【期間限定】ビジネスの裏側大公開!初心者向け仕組化ビジネス完全攻略ガイドをリリースしました

-物販

© 2022 早起きしなくても、人と関わらなくても、仕事ができる Powered by AFFINGER5