累計4000人以上が会場に殺到した伝説のセミナー|【動画版】を全編無料プレゼント

物販

【完全保存版】Amazon物販でまずは月5万円稼いでみよう

ラプラス
Amazon物販に興味はあるけど、具体的にどう取り組んでいいかわからない。

今回はこういった疑問を解決します。

僕が学生時代にAmazon物販を始めた頃はビジネスなんて右も左もわかりませんでした。
正しい方法に出会うまではとにかく色々試しては失敗し、その度に悩んできました。

物販初心者でもこの記事を読んで実践すれば
必ずAmazon物販で月5万円稼げるよう、解説していきます。

記事内容

  • Amazon物販で月5万円を稼ぐ方法【月5万円稼ぐまでの全体像をイメージしよう】
  • Amazon物販の始め方とその手順【完成まで2ステップ】
  • Amazon物販おすすめの初期設定
  • Amazon物販でビジネス初心者が月5万円稼ぐまで

ポイント

  • 手順通りやれば、初月から月5万円稼ぐことができる!
  • 頑張り次第では月5万円以上も可能!
  • 物販の基礎から理解できるので、途中で挫折しない!

では順を追って解説していきます。

「Amazon物販ってよくわからない…」
そんな初心者の方もこの記事を読んだ後なら実際に収入が手に入るイメージが湧くことでしょう。

Amazon物販で月5万円稼ぐ方法【月5万円稼ぐまでの全体像をイメージしよう】

上記がAmazon物販の全体像です。

Amazon物販の全体像

  1. 小売店や卸から商品を仕入れる
  2. Amazonの販売ページに出品
  3. 出品した商品をAmazonのFBA(倉庫)に納品
  4. 価格改定(在庫管理)
  5. お客さんが商品を注文する
  6. 倉庫から商品を出荷

簡単に箇条書きするとこのような感じです。

 

5、6はFBAを利用することでAmazon側が処理してくれるので、
実際に手を動かすのは1〜4までです。

FBAとは、Fulfillment By Amazonの略で、
お客さんが商品を注文してから手元に届くまでに必要な業務全般(フルフィルメント)を
Amazonが代行してくれるサービスです。

以下の記事で詳しく解説しています。

FBAと自己配送について|それぞれ利用するメリットとデメリット

こんにちは、ラプラス です。 今回は、FBAと自己配送の特徴と、 それぞれのメリットとデメリットについて書いていきます。 この記事を読めば FBAが何かがわかり、 FBA利用と自己配送との違いが分かり ...

続きを見る

Amazon物販の流れ

では作業する部分について解説していきます。

以降はFBAを利用している前提で書いていきます。

FBAについてよくわからない方は以下の記事を読むと
理解できます。

実際に手を動かす部分は以下の1〜4です。

  1. 小売店や卸から商品を仕入れる
  2. Amazonの販売ページに出品
  3. 出品した商品をAmazonのFBA(倉庫)に納品
  4. 価格改定(在庫管理)

流れを作業ベースで書くと以下になります。

 

仕入れ→出品→販売

Amazon物販はこの流れを繰り返すことで売り上げを伸ばすビジネスです。

そして上記のサイクルをいかに効率的に、たくさん回転させるかが売り上げアップの鍵になります。

Amazon物販の始め方とその手順【完成まで3ステップ】

Amazon物販を始めるための2ステップ

  1. 必要なものを揃える
  2. 出品用アカウントを作成する
  3. 売上振り込み銀行口座を設定する

必要なものを揃える

Amazon物販をやる上で必要なものを以下にまとめました。

必要なものリスト

  • ガムテープ or クラフトテープ
  • プリンター
  • 透明なテープ
  • ラベルはがし+ハケ
  • ラベル(型番号:KPC-HH124-20)
  • メジャー
  • 要期限管理商品の紙
  • 透明OPP袋
  • 緩衝材(プチプチ)

ざっと計算したところ諸々合わせて計2万円前後で揃えられます。

もともと家にあるような道具ばかりですが、中には物販のために新しく揃えるものもあります。

それらは初期費用と思って割り切って揃えてましょう。

僕が普段利用しているものについては以下の記事にまとめてますので参考にしてください。

物販をやるのに必要な物をまとめてみた

こんにちは、ラプラスです。 今回は、物販で必要なツールをシンプルにまとめました。 僕自身が今現在使っているものたちなので、 とりあえずこれさえ揃えておけば困ることはないと思います。 プリンターやガムテ ...

続きを見る

出品用アカウントを作成する

Amazonで店を持つには、

Amazon seller centralに登録する必要があります。

こちらからアクセスし、出品アカウントの登録を開始しましょう。

アクセスすると、以下のような画面に飛びます。

「さっそく始める」をクリックします。

すると、ログイン画面に行きます。

買い物をしたり映画を見たり、

1度はAmazonを利用したことはあると思います。

購入者アカウントは作成していますか?

もし持っていれば出品用アカウントと紐づけて登録することも出来ます。

今回は新規で開設するパターンで説明していきますね。

「Amazonアカウントを作成」をクリック。

名前、Eメールアドレス、パスワード

を求められますので、全て埋めてください。

すると、登録したアドレス宛に確認コードが送られますので、

コードをコピーアンドペースト。

すると、

さらに個人情報の入力を求められるので、埋めていってください。

業種は個人・個人事業主でいいかと思います。

上から埋めていきましょう。

会社住所に関しては、自宅でOKです。

住所の開示に抵抗があるのであれば、

バーチャルオフィスの導入をおすすめします。
最安だと月額1,500円から利用できます。

バーチャルオフィスについては以下にまとめました↓

同業他社から大学づてにクレームが来た話|バーチャルオフィス

ラプラス こんにちは、ラプラス(Laplace_256)です。 大学院在学中に起業して、その後独立しました。 物販で月商200万円/月収50万円を達成。くわしくはこちら 今回は僕が物販を始めて半年くら ...

続きを見る

入力を終えたら「SMSを送信する」を押しましょう。

 

SMSで送られてきたPINコードを入力します。

 

次に、クレジットカードの情報を入力します。

商品情報について聞かれますが、

これは後からでも登録できるのでスキップでOKです。

カテゴリーについても同様にスキップでOK

最後に身分証明書と、その他の書類を提出します。

身分証明書は運転免許証かパスポートを提出します。

スマホで撮影して、その写真をアップロードすればOK。

その他の書類は、クレジットカードの利用明細や銀行の通帳を求められますが、

明細がwebでダウンロードできるのでクレカ明細がいいかと思います。

これで終了です。

出品用アカウントの作成が完了しました。

売上振り込み銀行口座を設定する

登録は終わりましたが、

続いて銀行口座の登録が必要です。

これを設定しないと売上が振り込まれません。

まずはセラーセントラル画面にアクセスしましょう。

セラーセントラルは、

商品の出品、価格変更、その他諸々の設定を行うことができます。

ログインを求められるので、

先ほど設定した情報を入力してログインします。

すると、以下のような画面に飛びます。

これがセラーセントラルのホーム画面です。

右上の歯車マークにカーソルを合わせ、出品用アカウント情報をクリック。

すると、出品用アカウント情報の設定画面に移ります。

銀行口座情報をクリック。

 

売上の振り込み口座を設定します。

登録ボタンをクリック。

すると、口座情報入力画面に行くので

ここから銀行口座を設定してください。

ここまで設定しておけば、

Amazonから商品を販売することができるようになります。

Amazon物販 最初に契約しておきたい5選

以下は非必須ですが、
最初に契約しておくと後々便利です。

ただ2〜5は有料ですので、
ある程度売り上げが経ってから導入という形でもOKです。

最初に契約しておきたい

  1. クレジットカード
  2. 大口出品
  3. 価格改定ツール
  4. 配送業者
  5. バーチャルオフィス

おすすめ順に列挙しています。

クレジットカード

クレジットカードは作れるのであれば必ず作っておきましょう。

これからという方におすすめは楽天カードです。

楽天カード作成のメリット

  • 審査が通りやすい
  • アプリ連携やポイント還元等使い勝手が良い

クレジットカード作成については以下でもまとめています。
銀行口座と併せて詳しく知っておきたい方は是非↓

仕事専用の銀行口座とカードを用意するべき理由

ラプラス こんにちは、ラプラス(Laplace_256)です。 大学院在学中に起業して、その後独立しました。 物販で月商200万円/月収50万円を達成。くわしくはこちら 今回の記事では、物販をやる上で ...

続きを見る

大口出品

Amazonの出品形態には大口出品と小口出品の2種類あります。

大口出品では、月間登録料(4,900円/月)を支払う必要があります。
しかし商品が売れる毎の成約料が発生しません(売り放題)。

小口出品では、月間登録料が無料ですが、出品手数料と基本成約料(100円/個)を商品が売れる都度支払う必要があります。

なので商品が少ない(49個未満)うちは小口出品でも大丈夫ですが、
月間49個以上販売するようになったら大口出品に切り替えた方が得です。

出品プラン変更の手順

Amazonセラーセントラルにログインし、右上の「設定」から

「出品者アカウント情報」をクリック。

出品用アカウント情報の下に表示されるご利用サービスの「サービス管理」をクリック。

以下のような画面に飛び、大口出品と小口出品が切り替えられます。

 

価格改定ツール

価格改定は、ツールを導入することで圧倒的に手間が省けます。

おすすめの価格改定ツールはCappyです。

何種類か試しましたが、
価格面、機能面から考えて最もコスパがいいです。

このツールの一番の強みは改定頻度が業界最速であること。

改定頻度は売り上げに直結しますから、最重要です。

これまで使ってきて不都合だったことはないですし、
他のサービスと比べて月額料金が安い(3,980円/月)
&最大60日間の無料お試し期間があるので
その間に継続するかどうか判断できます。

使ってみて不便だったら60日以内に解約したらOKです。

Cappy登録はこちらから
↓↓↓

また、価格改定ツールについては以下で詳しく紹介しています。

価格改定を"自動化"する方法を紹介します

ラプラス こんにちは、ラプラス(Laplace_256)です。 大学院在学中に起業して、その後独立しました。 物販で月商200万円/月収50万円を達成。くわしくはこちら 前回、適正な価格に改定すること ...

続きを見る

配送業者

FBAを利用している場合は仕入れた商品を自宅からAmazonFBA倉庫に納品します。

できるだけ送料は格安で抑えたいところです。

一般的な宅急便で送ってもいいですが、

送る荷物の箱数によっては送料を節約することができます。

結論から書くと

箱数が少ない(4個以下)→エコムー便

箱数が多い(5個以上)→ヤマト便

を利用すると良いです。

エコムー便

エコムー便はFBA利用者専用の配送サービスになります。

料金は最安値で160サイズ(30kg以内)1180円。
他の業者と比較して圧倒的に安いです。

エコムー便の詳しい料金体系についてはこちら

配送業者と法人契約

運送会社と法人契約することで、配送料が最大で半額になります。

AmazonのFBA倉庫に納品するときは、
僕は基本的にヤマト運輸の宅急便(法人料金)を利用しています。

配送業者と法人契約を結べると通常の料金よりもずっと安く送れますし、
他にもメリットが多々あります。

ただ、必ずしも契約できるとは限らないのでその場合は別の方法で送りましょう。

法人契約の方法や詳しい内容は以下の記事を参考にしてみてください。

配送料が【半額】に!?|配送業者と法人契約する方法

ラプラス こんにちは、ラプラス(Laplace_256)です。 大学院在学中に起業して、その後独立しました。 物販で月商200万円/月収50万円を達成。くわしくはこちら 今回は、運送会社と法人契約する ...

続きを見る

バーチャルオフィス

Amazon物販をやるにあたり、

出品者として住所の登録が必要です。

インターネット上に住所を登録するのには

プライバシーの心配がありますよね。

こういったリスクを回避できるサービスとしてバーチャルオフィスというサービスがあります。

バーチャルオフィスは、住所や電話番号だけを借りられるサービスです。

ニーズに合わせてサービス体系は様々ですが、

僕は住所のみ借りています。

おすすめのバーチャルオフィス:レゾナンス

僕が利用しているバーチャルオフィスです。

年間契約すると月額1,500円で都内一等地の住所を借りられます。

郵便物等の転送手数料も無料です。

バーチャルオフィスの利用が決まっている場合
ここで年間契約するのが1番コスパいいと思います。

さらに年間契約時、特別に1ヶ月分の料金が無料になる紹介コードを提供していただきました。
契約の際は是非利用してください↓↓↓。

紹介コード:aym-0019

「レゾナンス」公式サイトで詳細を見る

申し込みフォームでコードを入力しなかった場合
1ヶ月無料サービスを受けられないのでご注意ください。

補足:紹介コード入力方法

  1. トップページの「お申し込み」をクリック

2. 以下の画面に飛ぶので、「お申し込みはこちら」をクリック

3. お申し込みフォームが表示されますので
必要事項の記入をし、

利用するコースの選択と、
契約期間を1年払いにチェック。

4. 下にスクロールしていくと、
弊社をお知りになったきっかけ
という項目があるので、

紹介欄にチェックを入れて、
紹介コード(コード:aym-0019)を入力します。

この申し込みフォームでコードを入力しなかった場合
1ヶ月無料サービスを受け取り損ねるのでご注意ください。

「レゾナンス」公式サイトで詳細を見る

Amazon物販で月5万円稼ぐまで

では実際に作業を順を追って解説していきます。

月5万円稼ぐまでの手順

  1. 商品のリサーチ
  2. ブックマーク(リスト化)
  3. 商品の仕入れ
  4. Amazonに出品
  5. FBA倉庫に納品
  6. 価格改定

商品のリサーチ、ブックマーク(リスト化)

Amazon物販はどれだけ利益商品のリストを持っているかが売り上げを左右します。

なのでリサーチの徹底度合いがそのまま利益に直結するというわけですね。

実際に僕がリサーチする様子と併せて説明していきます。

まずAmazon販売ページから、以下の基準を満たす商品を探します。

仕入れ判断基準

  • 売値3,000円〜5,000円
  • ランキング50,000位以内
  • 平均月間販売数10個以上

みつけた商品の利益率20%出る仕入れ値をFBA料金シミュレーターで算出します。

最後に

売値、平均月間販売数、仕入れ値

をメモしてブックマークします。

これを大量に行います。

物販はこのリサーチの作業が地道で大変です。

商品の仕入れ

リスト化した商品を実際に仕入れていきます。

楽天市場、ヤフーショッピング、卸サイト、フリマアプリ、ヤフオクなど

ECから先ほど算出した仕入れ値の条件を満たす商品を探して仕入れていきます。

はじめての場合はサンプル百貨店での仕入れをおすすめします。
ここではサンプル価格(格安)で購入できる商品のみを
たくさん扱っています↓。

サンプル百貨店はこちら

詳しくは以下の記事にまとめました。

【初心者必見】高利益商品が必ず見つかるショップを紹介!サンプル百貨店

ラプラス こんにちは、ラプラス(Laplace_256)です。 大学院在学中に起業して、その後独立しました。 物販で月商200万円/月収50万円を達成。くわしくはこちら 初心者で仕入れ先に困ったら、 ...

続きを見る

Amazonに出品、FBA倉庫に納品

商品を仕入れたら、次はAmazonに出品します。

新規で商品を出品する場合は商品登録→出品という手順で完了します。

過去に既に出品したことのある場合は在庫補充というかたちで出品します。

どちらもセラーセントラル上で行います。

出品が完了したらFBA倉庫に仕入れた商品を送ります。

具体的な出品・納品方法については以下の記事を参考にしてください。

【Amazon物販】出品・納品の方法

こんにちは、ラプラスです。 今回は、仕入れた商品をAmazonに出品するやり方について書いていきます。 メルカリなどのフリマと比べて 手順が複雑そうと思われがち(僕は思ってました)ですが、 実はそこま ...

続きを見る

在庫管理

FBA倉庫に納品したら、以降の注文→出荷はAmazonにおまかせします。

ただ、物価は常に少しずつ変動しますので、納品したらほったらかしで良いかというとそうではありません。

その都度価格を適正な値に改定する必要があります。

特に販売実績の少ない最初のうちは、とにかくお客に手に取ってもらう必要があるので注意したいところです。

販売価格はカートボックス価格に合わせるようにしましょう。

商品を早く買ってもらうために②|価格改定を制するものはカートを制す

ラプラス こんにちは、ラプラス(Laplace_256)です。 大学院在学中に起業して、その後独立しました。 物販で月商200万円/月収50万円を達成。くわしくはこちら 出品した商品は頻繁に価格を適正 ...

続きを見る

【まとめ】Amazon物販を始めて自分の力で5万円稼いでみよう!

ラプラス
以上で「Amazon物販月5万円稼ぐ方法」の解説は終了です

ビジネス初心者が稼ぐならAmazon物販一択です。

経験0からでも正しい手順を踏めば誰でも必ず稼げるビジネスだからです。

以下でも詳しく語りました。

【必見】どんなビジネスから始めるべきか?|初心者に物販を勧める理由

ラプラス こんにちは、ラプラス(Laplace_256)です。 大学院在学中に起業して、その後独立しました。 物販で月商200万円/月収50万円を達成。くわしくはこちら 起業したいと思うんですけれど何 ...

続きを見る

覚えることが多くて最初は大変に感じるかもしれませんが、

最初に5万円稼いでしまえばあとはそれを効率化・拡大していく作業なので

最大の壁は最初の5万円を稼ぐところだったりします。

僕自身も最初の小さな売り上げを作るところが最も大変でした。

簡単ではありませんが、本気でビジネスで結果を出したいのであれば、

Amazon物販でチャレンジしてみましょう。

累計4000人以上が会場に殺到した伝説のセミナー|【動画版】を全編無料プレゼント

-物販

© 2022 1日3時間で月50万円稼いで就職から自由になった元大学院生のブログ Powered by AFFINGER5