累計4000人以上が会場に殺到した伝説のセミナー|【動画版】を全編無料プレゼント

ビジネス全般 物販

ビジネスを始める前に押さえておくべき3つのこと

こんにちは、ラプラスです。

先日、大学時代の友人と久しぶりに話す機会があったのですが、

昔話に花が咲いて結構盛り上がりました。

こういう、仕事抜きでコミュニケーションをとれる仲間がいるのはありがたいことですね。

他愛もない話がほとんどだった気がしますが、

途中で仕事に関する話題になり、

コロナの影響で仕事のリモート化が進み、出勤する意義が見出せないだとか。。。
(※ 彼は現在サラリーマンです)

これなら1人でフリーランスになった方が稼げるんじゃ?

みたいな話になったので、

もし将来起業しようと思ってたらいつでも相談乗るよーみたいな話をしました。

そのときに、起業する前に予め押さえておいた方がいいことについて話したら結構喜ばれたので、

共有したいと思います。

ビジネスっておもしろそう、挑戦してみようかな、

と思ったら実際に行動に移す前に考えておくべきことがあります。

時間と労力を投じる覚悟

ビジネスモデルにもよりますが、

どんなビジネスでも始めた頃は全く稼げない時期が続きます。

初月は初期費用だけかかってむしろ赤字だった…

なんてことはザラです。

なので、本当に今副収入が欲しいか?ということを一度考えた方がいいです。

収入源は多い方がいいに決まってるだろ!と思うかもしれませんが、

他に割いている時間や労力がしばらくビジネスにとられてしまいます。

つまり、ビジネスが軌道に乗るまで収入0の期間が続いても、
時間を投じ続ける覚悟があるか?ということです。

僕はビジネス初心者には比較的軌道に乗りやすい物販をお勧めしていますが、

それでも多少の初期費用と学習の時間を要しますし、

ブログ、youtube等の情報発信はアクセスが集まるまで時間がかかりますし、

株やFX等の投資系はまとまった初期費用と学習が必要、

プログラミングや動画編集、アプリ開発等はノウハウの習得に時間がかかります。

普段仕事から帰ってきてからぼーっとする時間や、
趣味や娯楽に使っていたエネルギーをビジネスのために犠牲にする決心が必要です。

家族の理解

家庭を持っている人ならまず、
ビジネスを始める前に予め家族に伝えておくことが大切です。

新しいことを始めれば家族と時間が取れなくなってくるでしょうし、

作業環境や家計の面で
家族の協力が少なからず必要になってきます。

本業を辞めてビジネス一本に集中するのであれば尚更です。

 

そういう僕ですが、実は起業当初は誰にも相談しませんでした。

当時大学院生で一人暮らしだったのもあり、

「結果出てから報告すればええやろ」
くらいに軽く考えていました。

ところがしばらくしてビジネスが軌道に乗り始め、
ビジネス一本に絞ろうと退学したところ、
退学通知が実家に届いたようで、

このとき実家に退学したことがバレました。

数日後実家から鬼のような量の不在着信が届きます。

退学通知。

これは完全に盲点でした。

成績が振るわなくても特に何も言わない親が、

この時ばかりは閻魔の如く怒った口調で
電話口から怒号をあげるのです。

「てめえ!退学たあどの面下げて実家帰ってくるつもりしてんだ!?」
(※イメージ。もっと品のある言葉遣いだったと思います)

 

震えた。。。

 

これまで溜め込んでいた鬱憤やら質問やらを矢継ぎ早にぶつけられました。

実家には3年間くらい顔を出していなかったので無理もありません。

全てを受け入れ、
僕は退学理由、現状、今後の展望を語り、
最後に必ず実家に顔を出す約束をして事なきを得ました。

何を隠そう僕は親に学費を払ってもらって大学に通っていましたから、
どんな理由があろうと退学の旨は予め伝えるのがスジだったと反省しています。

辞めたのが丁度上半期の終わり頃の時期で、
「後期分の授業料節約できた!」

と浮き足立っていた自分が恥ずかしいです。。。

 

少し話がそれましたが、

最初から本腰を入れてやると決めているのであれば、

身近な人には予め伝えておくことをおすすめします。

時間の工面

ビジネスを始めると決めたなら、

次は時間の工面について考えておくことが大切です。

物販、情報発信、FX、投資、どんなビジネスでも

稼げるようになるには集中して取り組む時期が不可欠です。

最初は時給を気にせず時間をかけなければいけません。

最低でも1日2時間(月60時間)はビジネスのために捻出する必要があると思います。

僕の場合は、1日3時間は必ず物販に使うと決めていました。

なので1ヶ月間に90時間物販に費やしていたことになります。

どんなビジネスであれ、
その仕事が板についてくるまでは他の人の2倍の時間をかけなければなりません。

なぜかというと、初心者は頑張ることが2つあるからです。

  1. 学習(経験)
  2. 作業

普段から物販は即金性が高く、
誰でも稼げるビジネスとよく言っていますが、
物販も例外ではありません。

最初のうちはアカウントの作り方から、出品の仕方、梱包の仕方、わからないことだらけです。
初めてなので当然のことです。

アルバイトでも、入りたての頃はたくさんシフトを入れて仕事を覚えるところから始めますよね?

なのではじめは①仕事の流れを覚えながら、②作業をしなければいけないので

人の2倍時間がかかるのです。

慣れてくればあとは②作業にひたすら時間をかければ結果が出ます。

 

1日の時間を見つめ直し、

何を犠牲にし、その結果1日何時間ビジネスのために捻出できるかを予め考えておくといいです。

まとめ

以上に挙げた3点については、

ビジネスを始める前に必ず押さえておきたいポイントです。

 

ぜひ参考にして良いスタートダッシュにお役立てください!

累計4000人以上が会場に殺到した伝説のセミナー|【動画版】を全編無料プレゼント

-ビジネス全般, 物販

© 2022 1日3時間で月50万円稼いで就職から自由になった元大学院生のブログ Powered by AFFINGER5