累計4000人以上が会場に殺到した伝説のセミナー|【動画版】を全編無料プレゼント

物販

コスパの良いダンボールの入手方法3選

ラプラス
こんにちは、ラプラス(Laplace_256)です。
大学院在学中に起業して、その後独立しました。
物販で月商200万円/月収50万円を達成。くわしくはこちら

今回は、商品を運ぶのに使うダンボールの入手方法を紹介します。

  1. スーパーでもらう
  2. ネットで購入する
  3. ホームセンターで購入する

それぞれのメリットとデメリットを紹介します。

スーパーでもらう

スーパーでは商品(スーパーの)が梱包されていたダンボールがまとめて置いてあります。

これらは無料で持ち帰ってOKなので、物販に利用できます。

僕は大体普段の買い物のついでに
ちょうどいいサイズのを見繕っては家に持って帰ってました。

メリット

  • 無料

デメリット

  • サイズや質を自分で見繕う必要がある

ネットで購入する

メリット

  • 在宅で受け取り可能
  • まとめ買いでお得

デメリット

  • 単品買いができない

段ボールをまとめて購入する場合(10枚以上)はネットで購入した方がコスパがいいです。

ダンボールの購入先も紹介します。

ダンボールワン

ダンボール専門のサイトは複数ありますが、
ダンボールワンは工場が直販しているので安いです(余計なコストがかからないため)。

送料無料なのも嬉しい。

ちょこちょこセールを行っていますのでそのタイミングでまとめて買うのがいいと思います。

ダンボールワンはこちら

ホームセンターで購入する

メリット

  • 1箱単位で購入可能

デメリット

  • 手間がかかる

ホームセンターでは、1箱単位で購入可能です。

ネットでは5箱とか10箱とかからの販売が一般的なので、単品買いの際はホームセンターがおすすめです。

まとめ

個人的にはスーパーからもらってくるダンボールで十分間に合います。

ただ、スーパーに置かれているダンボールのサイズはせいぜい100サイズ程度なので、
大きな商品(家電等)を扱う場合は都度ホームセンターで購入するのがいいと思います。

大きい商品をメインで扱うようならネットでまとめて買うのがいいと思います。

なので、

小さい商品をメインで扱う:基本スーパーからもらってきて、足りないものをホームセンターでまかなう

大きい商品をメインで扱う:ネットでまとめ買い

がいいかと。

累計4000人以上が会場に殺到した伝説のセミナー|【動画版】を全編無料プレゼント

-物販

© 2022 1日3時間で月50万円稼いで就職から自由になった元大学院生のブログ Powered by AFFINGER5