累計4000人以上が会場に殺到した伝説のセミナー|【動画版】を全編無料プレゼント

ビジネス全般 物販

開業届って出す意味あんの?|提出のメリットとその方法を教えます

こんにちは、ラプラスです。

個人でビジネスを始めるなら開業届の存在を知っておきましょう。

個人事業主の中には開業届を出さずにビジネスを始めた人や、
「そもそもそんな書類なんて知らないよ」という人もいるかもしれません。

学校で起業する方法なんて習わないので、
知らないというのも無理はないです。

結論から書くと、開業届は提出しなくても違法ではありませんが、
提出すると得られるメリットがあるので事業を始めた人なら出しておくべきです。

今回は、開業届を出すメリットについて解説していきます。

開業届について

開業届(正式名称:「個人事業の開業・廃業等届出書」)というのは、

税務署に対して「私は新規で個人事業をスタートさせました」

と知らせる書類のことです。

用紙は最寄りの税務署で入手できますし、

国税庁のホームページからダウンロードすることも可能です。
↓↓↓

こちらから

納税地を管轄する税務署長宛となっています。

なので提出の際は自分住んでいる地域の管轄を確認しましょう。

物販で開業届を提出するメリット

青色申告をすることで節税ができる

確定申告には「白色申告」と「青色申告」があります。

青色申告をするためには原則として開業届の提出が必須です。

白色申告は控除が薄く、手続きが簡単です。

一方、青色申告は手続きが複雑ですが、

節税に関する様々なメリットがあります。

個人事業主にとって特に嬉しいメリットは以下です。

  1. 所得から最大65万円の控除できる(特別控除)
  2. 赤字の繰越が可能
  3. 家族に対して支払った給与を経費として扱える

上記以外にも節税に関する様々なメリットがあります。

 

青色申告は手続きが複雑な面もありますが、

かかる手間以上の価値があります。

開業届を出すタイミングで一緒に青色申告の申請をしてしまうのがおすすめです。

屋号で事業用口座を開設できる

物販を事業として行っていくには、
物販用の口座(事業用口座)を作ることをおすすめします。

事業用とプライベート用の口座を分けておけば、
確定申告の際に収支の整理がしやすくなるでしょう。

ちなみに「屋号」とは、会社でいう法人名に当たるものです。

ペンネームなども含まれます。

屋号があることは、
「私はちゃんと事業をやっています」という証明にもなります。

なので開業届を出す際に屋号も登録しておくといいです。

事業用口座を作らなくとも、公式に自分の所属を名乗れるようになるのは
信頼度アップに繋がりますね。

いざ、開業届を提出!

開業届を出すメリットについて解説しました。

次に実際に開業届を提出する方法について書いていきます。

といってもめちゃくちゃ簡単なので安心してください。

所定の書類を提出するだけです。

2つの方法を紹介します。

どちらかやり易い方を選んでください。

管轄の税務署で届出用紙に記入して提出

最寄りの税務署の窓口で開業したい旨を伝えると、
届出の用紙がもらえます。

その場で必要事項を記入して提出して終了。

書き方がわからない場合は担当の方に聞くと丁寧に教えてくれます。

会計ソフトを利用して提出

自宅で完結してしまうので最も簡単だと思います。

僕自身は地元の税務署に行って手書きで提出しましたが、

会計ソフトを使えばミスしても修正が効きますし待たされたりするストレスもないのでいいかもしれないですね。

freeeという会計ソフトがウェブ上で操作が可能且つ無料なのでおすすめです。
↓↓↓

こちらから

まとめ

今回は開業届を提出するメリットと、

その方法について解説しました。

事業を始める際にお役立てください。

累計4000人以上が会場に殺到した伝説のセミナー|【動画版】を全編無料プレゼント

-ビジネス全般, 物販

© 2022 1日3時間で月50万円稼いで就職から自由になった元大学院生のブログ Powered by AFFINGER5