【期間限定】ビジネスの裏側大公開!初心者向け仕組化ビジネス完全攻略ガイドリリースしました

物販

これさえ満たせば即納品OK!検品・清掃のチェックリスト(新品編)

ラプラス
こんにちは、ラプラス(Laplace_256)です。
大学院在学中に起業して、その後独立しました。
物販で月商200万円/月収50万円を達成。くわしくはこちら

僕がいつも行っている検品・清掃の方法を紹介します。

これを全て満たしていれば納品OK!
というようなチェックリストを作っておいたので最初にご確認ください。

ぶっちゃけこれを満たしてさえいればそれ以降は見なくてもいいです笑

後半は、
検品方法、検品・清掃に必要な道具を紹介しています。

検品・清掃のチェックリスト

これらを満たしていれば即納品OK!

  • パッケージに破損がない
  • 賞味期限(食品の場合)、JANコードがはっきり見える(かすれたりしていない)
  • 値札が剥がれている
  • 防犯タグや値引きシール等が剥がれている

以上です。
上記を満たしていない場合、以下を参照して検品・清掃作業を行ってください。

検品方法

山上さん
検品って大変?
ラプラス
要は以下を全商品分やれば良い。
・パッケージと表記のチェック
・余計なシールはがし
慣れれば簡単。

パッケージの破損をチェック

まずはパッケージの状態を確認します。

仕入れの段階で見落としていたキズや汚れなどがあるかもしれません。

化粧品やサプリメントなど、
外箱があまり重要でない商品に関しては少々の傷は許容されます。

ただ、おもちゃやフィギュア等コレクター性の高い商品は特に注意してください。

慣れてくるとパッケージのチェックがおざなりになってきますが、
クレームを受けて評価を下げられないようにするためにも入念にチェックしましょう。

賞味期限・JANコードがはっきり見えるかチェック

賞味期限のある商品は、必ずその表記がはっきりと見える状態であるか確認しましょう。

かすれたりしていて表記が確認できない場合、
Amazonでは出品することができません。

また、仕入れ先によってはJANコードの上からシールが貼られていたり、
ペンで斜線が引かれている商品もあります。
ドラッグストアやワゴンの値引き商品に多いです。

シールは全て剥がし(シールはがしを使うと剥がしやすい)、
斜線はアルカリ水等で拭き取りましょう。

このような商品は納品時に必ず自分でラベルシールを貼るようにしましょう。

シール類は全て剥がす

値札のついているものに関しては値札を剥がしましょう。

防犯タグや値引きシールも同様です。

1カ所だけでなく数カ所貼られているものもありますので入念にチェックしてください。

シールはがしを使うと簡単に剥がれます。

基本的に商品についているシール類はすべて剥がしましょう

商品の検品・清掃に必要な道具

続いて検品・清掃の際に必要な道具を紹介します
(特に物販でもやらなきゃ家に置いてない率の高そうなものを選びました)。

シールはがし+ハケ

シール類を剥がすのに重宝します。

アルカリ電解水

商品についたペンのインクを落とすのに役立ちます。

封印シール

配送中の擦れなどが原因でバージンテープが剥がれてしまった商品は、
封印シールを貼り直すことでキレイになります。

(ハンディーラップ)

商品をまとめるのに使います。
セット売りの際に重宝します。
単品売りしかしない方や、あくまで清掃目的のみであれば要りません。

まとめ

今回は前半で検品・清掃のチェックリストを、
後半で検品方法とその際に必要な道具を紹介しました。

これまで上記のチェックリストを満たした商品でクレームを受けたことは一度もありません。

なので安心してもらって大丈夫です。

山上さん
クレーム0はすごい!
ラプラス
このリスト作ってから本当にクレーム来なくなった。
過去に来たクレームを踏まえて作ったリストだから安心して良いよ

物販に慣れてくると最初は慎重に行っていた検品・清掃がおざなりになってきますが、
無用なクレームを避けるためにも必ず行いましょう。

【期間限定】ビジネスの裏側大公開!初心者向け仕組化ビジネス完全攻略ガイドをリリースしました

-物販

© 2022 早起きしなくても、人と関わらなくても、仕事ができる Powered by AFFINGER5