累計4000人以上が会場に殺到した伝説のセミナー|【動画版】を全編無料プレゼント

物販

【Amazon物販】小口出品と大口出品の違い

ラプラス
小口出品と大口出品、どちらを選んだ方がいいかわからない…

本記事はそんな悩みを解決します。

記事内容

  • 小口出品と大口出品の違いとは?
  • 【結論】小口出品と大口出品、どちらの出品形態を採用すべきか

Amazonには出品形態が2種類あり、この記事を読めばどちらの出品形態を選ぶべきかわかります。

小口出品と大口出品の違いとは?

Amazonの出品形態には小口出品大口出品の2種類あります。

出品者側の利便性という観点でそれぞれの違いをかいつまんで表にまとめました↓

他にも違いがありますが詳しくは、Amazon公式の出品プランをご覧ください。

表を見てわかる通り、
大口出品の方がお客に提供できるサービスが多いです。

もしAmazon物販を本格的にやっていくならばいずれ大口出品に登録しなければなりません。
ただ、月額利用料が安くはないので最初のうちは小口出品で様子を見てみるのもいいでしょう。

以下を参考に自分に適する出品形態を選んでいただければと思います。

月額利用料と基本成約料

大口出品では月額利用料が4,900円かかります。

一方、小口出品では月額利用料がかからない代わりに、
商品1点売れるごとに100円の基本成約料が発生します。

なので、月間50個以上販売するのであれば大口出品、
49個未満であれば小口出品の方が得です。

一括商品登録

Amazonには商品を一括で登録する機能が備わっています。

扱う商品数が増えれば増えるほどこの機能は重宝します。

多くの商品を扱う上では必要不可欠です。

この機能は大口出品者のみ利用できるので商品を50個以上扱うようになったら
大口出品に切り替えることをおすすめします。

各種レポート利用

Amazonでは注文管理レポートやビジネスレポートといった、
出品者の販売を支援する報告書作成サービスを提供しています。

この機能も、Amazon物販を本格的にやっていくのであれば必ず必要になってくる機能です。

お届け日時指定

大口出品者の商品の場合「お届け日時指定」が利用できます。
これは購入者が商品の届く日時を指定できるオプションサービスです。

日時指定ができる商品はより購入してもらいやすくなります。

小口出品者の場合はこの設定を利用できません。

ギフトサービスの提供

ギフトサービスもオプションサービスです。
商品にプレゼント用の包装とメッセージカードをつけられます。

お客さんの中にはプレゼントとして購入したいニーズもあるので、
ギフトサービスが選択できると、より購入してもらいやすくなります。

小口出品者はギフトサービスの提供はできません。

出品可能なカテゴリー

小口出品では一部出品できないカテゴリーがあります。

小口出品で扱えないカテゴリーは以下です。

上記カテゴリーを出品したい場合は大口出品で登録しなければなりません。

ショッピングカートボックスの取得

Amazonでショッピングカートボックス取得は、
売り上げに直結します。

ショッピングカートボックスについて簡単に説明すると

ショップ名が画像の右下の赤枠に表示され、
カートに入れてもらいやすい状態のことです。

「この商品は、コスメの神様が販売し、Amazon.co.jpが発送します。」

とあります。

つまり上記の画像では、コスメの神様(ショップ)がショッピングカートボックスを取得している状態です。

お客さんがこの商品を「カートに入れる」と、
コスメの神様(ショップ)に注文が入ります。

ショッピングカートボックスを取得できるのは、大口出品者のみです。

【結論】小口出品と大口出品、どちらの出品形態を採用すべきか

結論

商品数49個未満 → 小口出品

商品数50個以上 → 大口出品

大口出品者にしか使えない機能が多々ありました。

冒頭でも書きましたが、本格的にやるなら
大口出品に登録しなければなりません。

ただ、「じゃあ大口出品者をとりあえず選んでおけばいいのか?」と言うとそうでもなくて、

大口出品者が使える各種サービスはどれも
扱う商品数が増えてきたときに利用すべきサービスです。

商品が少ないうちは小口出品のままで様子を見るのでいいと思います。

本格的にAmazon物販をやるのであればそのときに大口出品に切り替えましょう。

累計4000人以上が会場に殺到した伝説のセミナー|【動画版】を全編無料プレゼント

-物販

© 2022 1日3時間で月50万円稼いで就職から自由になった元大学院生のブログ Powered by AFFINGER5