【期間限定】ビジネスの裏側大公開!初心者向け仕組化ビジネス完全攻略ガイドリリースしました

LINEマーケティング

LINE公式アカウントの初期費用と月額料金は?

こんにちは、ラプラスです。

今回は、LINE公式アカウントの初期費用、月額料金について解説していきます。

【公式】LINE公式アカウントより

LINE公式が無料で提供している通産費用シミュレーターを活用すると、

追加費用分の予想まで簡単に計算することができます。

無料でどこまでできるの?|LINE公式アカウントのフリープランでできることまとめ

こんにちは、ラプラスです。 今回は、LINE公式アカウントのフリープランでできることまとめというテーマで書いていこうと思います。 もくじ1 LINE公式アカウントのフリープランでできること1.1 チャ ...

続きを見る

無料?無制限?プロラインってどんなツール?|メリット/デメリット

こんにちは、ラプラスです。 今回は、プロラインってどんなツール?というテーマで書いていきます。   プロラインって何ですか?っていうと、 公式LINEを使った集客や販売を自動化するツールです ...

続きを見る

LINE公式アカウントの初期費用は?

LINE公式アカウントの初期費用は、無料です。

ラプラス
完全無料で始めることができます!

ちなみに以前(2019年頃)はLINE公式アカウント作成のためには

月額費用に加えて、別途初期費用が必要でした。

山上さん
無料になったことで、初心者でもグッと始めやすくなりましたね!
ラプラス
利用者としてはありがたいアップデートです
無料?無制限?プロラインってどんなツール?|メリット/デメリット

こんにちは、ラプラスです。 今回は、プロラインってどんなツール?というテーマで書いていきます。   プロラインって何ですか?っていうと、 公式LINEを使った集客や販売を自動化するツールです ...

続きを見る

LINE公式アカウントの月額料金と機能

ラプラス
LINE公式アカウントの料金プランは3種類あります
  • フリープラン
  • ライトプラン
  • スタンダードプラン

LINE公式アカウントで課金が行われる基準は、

メッセージを配信する通数です。

機能面についてはプランによって違いがありません。

月間配信通数が

1,000通までならフリープラン

15,000通までならライトプラン

45,000通までならスタンダードプラン

を利用する形になります。

したがって、フリープラン(無料)で始めれば、

月額費用、初期費用共に無料なので、

LINE公式アカウントを完全無料で利用することが可能です。

【注意】メッセージ配信(一斉送信)通数の数え方

メッセージ配信の配信通数でプランが変わります。

これからLINE公式アカウントを利用していって、

フリープランからライトプラン、

ライトプランからスタンダードプランに

グレードアップするかしないかの判断の際に注意して欲しいのが、

メッセージ配信通数の数え方についてです。

フリープランを例に取ると、

1ヶ月に送れるメッセージ配信通数は1,000通です。

これの数え方としては、

友だち数 × メッセージ送信回数

です。

例えばあなたの公式LINEに100人友だちがいたとします。

この場合、メッセージ配信で配信できるメッセージは10通までということになります。

100人 ×10通 = 1,000通

これ以上この月にメッセージ配信はできません。

ラプラス
誤って1,000通以上送ってしまい「料金が発生した!」ということはないのでご安心ください

どうしても今月中にもう1通送りたい、

もしくは友だちが増えた、

この段階になったら、

有料プランへのプラン変更を検討するタイミングかもしれません。

【注意】メッセージ配信(一斉送信)の1通の定義

ラプラス
1通の数え方がややこしいので予め押さえておきましょう

LINE公式アカウント公式サイトより

まず、公式が発表している情報としては以下です

↓↓↓

1通=ターゲットリーチ1人へ1回のメッセージ配信

1回に送信するメッセージの吹き出し数にかかわらず「1回=1通」

※1回のメッセージ配信で最大3吹き出しまで送信可能です。

※Messaging APIでは、1回のメッセージ配信で最大5吹き出しまで送信可能です。

LINE@サービス統合後の主な変更点と移行時の注意点についてより抜粋

1回のメッセージ配信で、

テキスト、画像、クーポン、スタンプなどを

色々組み合わせて配信設定することが出来ます。

例えば、以下のような配信も1通(1配信)とカウントされます。

また、

"Messaging APIでは、1回のメッセージ配信で最大5吹き出しまで送信可能です。"

とあるように、Messaging APIを活用することで、

1通にさらにもう2吹き出し追加で送れるようになります。

ラプラス
ただ、Messaging APIの設定はプログラミングの知識を要する点や、設定にサーバー料金を自己負担しなければいけない点からあまりおすすめしません…

ちなみに、LINE集客ツール「プロラインフリー」と連携すると、

簡単に5吹き出しまで送信できるようになります。

これまでMessaging APIを活用したツールは

軒並み有料だったので、プロラインフリーが登場してユーザーとしてはありがたい限りです。

山上さん
LINEビジネス初心者の活動の幅がグッと広がりましたね!
サルでもわかる!プロラインフリーの始め方【これが最短です】

こんにちは、ラプラスです。 今回は、サルでもわかる!プロラインフリーの始め方というテーマで書いていきます。   ラプラス今日はどうされました? 山上さんプロラインフリーが無料で始められるって ...

続きを見る

メッセージ配信(一斉送信)で上限を超えた場合

先にもチラッと書いたとおり、

フリープランを利用している場合は送信不可となるので

上限を超えた追加料金の心配は不要です。

ただ、有料プラン(ライトプランスタンダードプラン)に移行した方は、

メッセージ配信の上限を超えた場合についても

理解しておく必要があります。

以下を押さえておけば、

無駄に費用を支払ってしまった!

というケースを未然に防ぐことができます。

追加メッセージ料金

  • ライトプラン:5円/通
  • スタンダードプラン:〜3円/通

また、スタンダードプランにおいて45,000通を超えた場合の料金体系については、

公式が発表している下記のPDFを参照してください

↓↓↓

スタンダードプラン追加メッセージ 料金テーブル >>

以上の内容を理解しておけば、

今後の配信で無駄に費用を支払う必要がなくなります。

また、セグメント配信(絞り込み配信)を利用して、

特定のターゲット層に絞って配信することも可能です。

ターゲットに応じて配信を分けられるので、

ブロック率を抑えたり、

配信通数の節約にも繋がります。

LINE公式が無料で提供している通産費用シミュレーターを活用すると、

追加費用分の予想まで簡単に計算することができます。

【2022年版】完全無料!LINE公式アカウントで集客する方法まとめ

2022年現在、個人事業主や中小企業経営者を中心に公式LINEで集客する人が増えてきました。 2019年から初期費用、月額料金がどちらも無料になったことで よりその流れは加速しています。 ではそもそも ...

続きを見る

 

それでは、今日はこの辺で!

【期間限定】ビジネスの裏側大公開!初心者向け仕組化ビジネス完全攻略ガイドをリリースしました

-LINEマーケティング

© 2022 早起きしなくても、人と関わらなくても、仕事ができる Powered by AFFINGER5