累計4000人以上が会場に殺到した伝説のセミナー|【動画版】を全編無料プレゼント

ビジネス全般

【必見】よくブランディングって言うけど「ブランド」って結局何?

こんにちは、ラプラスです。

今日は後半でブランドの正体と、
その活用のコツを話すのでお楽しみに!

S'YTEというブランドが好きで
僕はよく着ているのですが、

先ほどオンラインショップを眺めていたら
ソックスが販売されていました。

ソックス自体は特になんの変哲もないのですが、

ECで売られているのがけっこうレアで、
持ってるTシャツと柄もお揃いなのでポチろうか迷ってます。

なぜ5倍の値段がする服を買うのか?

お金がなかった時代は服にお金をかけられず、
基本全身ユニクロかGUで済ませていました。

たまに背伸びをしてユナイテッドアローズの
カットソーを買ってオシャレしていたのが懐かしいです。

服って正直機能性で言ったらユニクロで十分足りてしまうし、

いまだに下着やヒートテックはユニクロにお世話になっています。

ユニクロはコンポーネントウェア(=部品としての服)といって、
デザインやブランドの個性をあえて出さない、
他のブランドと合わせやすいようにつくられています。

ただ、ユニクロでマネキン一頭買いで揃えても
ファッションとして全然問題なく成立します。

要は、足りないアイテムがあればユニクロで補えばいいし、
最悪頭の先から爪先までユニクロで揃っちゃうんですよね。

ツイートしたソックスは1足1500円くらいしますが、
ユニクロに行けば良質なソックスが
3足1000円とかで買えてしまいますしね。

昔は安かろう悪かろうだったのですが、
もう現代は安くて良いものを
手軽に身につけられるようになったのです。

そういう時代になりました。

で、じゃあなんでわざわざ
1500円のソックスを買うの(しかも送料まで払って)?

という話です。

正直、機能面はユニクロで必要十分です。

下手したら目の前にS'YTEのソックスと
ユニクロのソックスをロゴを伏せて2足並べられて
見分けられない可能性すらあります。

ユニクロのソックスが1足あたり約300円で、
一方S'YTEのソックスが1足あたり1500円。

別に5倍長持ちするわけでもないし、
5倍暖かいわけでもない。

でも僕は5倍高いS'YTEの服を買います。
これからも(固い意志)!

僕の場合はS'YTEですが、
人それぞれ気に入ったブランドがあると思います。

で、そのブランドの服はユニクロよりは高いはずなんですよ。
そして場合によってはユニクロよりも
機能で劣っている可能性すらあります。

僕は普段S'YTEの服とかアクセサリーは買うけど、
逆にいうとCOACHは利用しません。
女性物のブランドなので当たり前ですけど…笑

正直COACHのバッグが
なんであんなに高いのかわからないです。

ただ、女性がCOACHのバッグをプレゼントされると
なんだかニコニコしているし、
お店でプレゼント用に
COACHの財布をすすめられたこともあります。

みんながCOACHを良いって言っているのを
知識としては知っているわけです。

なのにいざCOACHのバッグを見て
「なんであんなに高いんだろう?」とか
「COACHのバッグのデザインってダサくね?」

って思ったと同時に、
「俺って見る目ないんだなー」

と思うわけです。

みんなが良いって言っているものを
自分はダサいと思ったってことは
目が肥えていない、恥ずかしい、と思うと。

なのに結局プレゼントでそっちを
買っちゃうのはなんで?って話です。

そしてこの問いの答えは、
「ブランドって何?」という問いへの答えとイコールです。

ブランドの正体

ちなみにブランドは、

知名度→信頼・実績→ブランド
の順で積み上がっていきます。

以下がブランドの正体です。

↑のピラミッドは、下が満たされると、
上に行くことを意味します。

そして、ブランドには3つのレベルに分けられます。

レベル1:知名度を積み上げる段階=「何その会社(人)?怪しい…」という状態
知ってる人は知っている

レベル2:知名度が上がって、信頼と実績を積み上げる段階=「なんか聞いたことある」という状態
みんなが知っていて、人によっては信頼している

レベル3:信頼と実績が積み上がって、ブランドになる=「あー、あのブランドね」という状態
みんなが信頼していて、人によっては神格化している

図にすると以下です。

レベル3のところで神格化という言葉を借りましたが、
神格化しているというのは、

その企業(人)の商品はなんでも買う。
他より高くても買う。
「いついつに新商品を発売します」と告知した瞬間、
中身を確認せず予約注文してしまう。

そういった状態のことです。

例えばスターバックスは言わずもがなブランドレベル3です。

世界最大のコーヒーチェーン店で、
新作ドリンク、新作フードが出れば必ず試す人が大勢います。

スタバのロゴの入ったタンブラーやグラスなどのグッズを
シーズン毎に買い揃える人もたくさんいます。

「STARBUCKS TOUCH The Drip(キーホルダー型のプリペイドアクセサリー)」は
発売当初定価4,000円のところを50,000円前後(12.5倍)で取引されていたこともあったようです↓
スタバキーホルダー抽選結果!当選?転売屋をなんとかできないものか)。

例としてスタバを出しましたが、

スタバを知らない人はいないし、
普段スタバを利用しない人でも
ブランドなのがわかりますね。

ブランドの見分け方

で、ブランドの正体がわかると
目の前の有名な商品がブランド(レベル3)かどうかを
判断できるようになります。

僕のさっきの例で言うところの、
COACHと出会ったとき、
COACHがブランド(レベル3)かそうでないかがわかります。

ちょっと考えてみてください。

ある有名な商品を信じて試して、
期待を裏切られたします。
そのとき、
自分が悪いと思ったらそれはブランド(レベル3)の証拠です。
商品が悪いと思ったらまだ信頼・実績が足りない段階(レベル2)ということです。

例えば友人からお土産で
老舗のお菓子をプレゼントされたとします。

「〇〇っていう有名なお店のお菓子で、
めちゃくちゃ美味しいからよかったら食べて」

と渡されました。

食べてみたら不味かったとします。

このとき、

「きっと美味しいんだろうけど、俺の口には合わなかったな」
自分を否定したらその商品はブランド(レベル3)。

「なんだこの店有名なくせにクソまずい!2度と買わんわ!」
商品を否定したらその商品は信頼・実績が足りていない(レベル2)

ということです。

なので先ほどのCOACHの話に戻ると、
「ダサいなー」と思ったと同時に
「見る目ないな」とも思ったので
COACHはレベル3のブランドということですね。

というわけで、
今日はこの辺で!

P.S

初めて京都のリッツカールトンに泊まったとき、
僕はまだ学生でした。
当時は広告を打たない富裕層向けのブランド、
いわゆるハイブランドというものを一切知りませんでした。

ハイブランドは街の広告とか、テレビとか、youtubeとか
大衆が利用する場所に広告を打たないんですよね。
だから普通に過ごしていると、
そういうブランドに出会えない。
そういう世界があることすら知り得ないのです。

グッチとかシャネルとかルイ・ヴィトンのバッグはすぐ浮かぶのに、
パテックフィリップの腕時計に関しては知りもしないわけです。

リッツカールトン京都に泊まったとき、
ホテル内のピエール・エルメという
スイーツのブティックに出会って感動しました。

お菓子やスイーツが大好きな僕が、
二十数年生きてきて聞いたことすらなかったのです。

一泊13万円くらいしましたが、
ハイブランドの存在を知れたこと。
ピエール・エルメという素敵なブランドに出会えたこと。
それだけで支払った金額以上の有意義な体験ができました。

↑泊まった部屋:デラックスガーデン

累計4000人以上が会場に殺到した伝説のセミナー|【動画版】を全編無料プレゼント

-ビジネス全般

© 2022 1日3時間で月50万円稼いで就職から自由になった元大学院生のブログ Powered by AFFINGER5