【期間限定】ビジネスの裏側大公開!初心者向け仕組化ビジネス完全攻略ガイドリリースしました

ビジネス全般 偏見

スプラトゥーンの「ランクとウデマエ」の関係が人生における「年齢と実力」のアナロジーな件

ラプラス
こんにちは、ラプラス(Laplace_256)です。
大学院在学中に起業して、その後独立しました。
物販で月商200万円/月収50万円を達成。くわしくはこちら

最近は専らスマブラとスプラトゥーン2をヘビロテしてます。

交互にやっていて思うのは、
スプラトゥーンは
一度コツを掴むとしばらく時間が経っても
成績が安定しやすいです。

一方で、スマブラはしばらくやらないと
すぐに腕が鈍るんですよね。

スマブラのプロプレイヤーとかは本当に
血の滲むような努力を毎日積まれているんだろうなと
下手くそながらに思っていたりします。

ちなみに僕のスマブラの実力は以下の記事からわかります↓。

【スマブラ】ひたすら横Bブンブン丸が苦手な件について

よく「好きなことで生きていく」という文脈で
ゲームのプロプレイヤーが楽して稼いでいるように語られる節がありますが、

僕に言わせればビジネスで結果を出す方がよほど簡単です。

で、ここからはスプラトゥーンの話になるのですが、

最近ガチマッチ(ランク戦)に潜っていて思うのは、

「ランクとウデマエ」の関係が、
人生における「年齢と実力」の関係とすごく似ているということです。

ここでスプラトゥーンを知らない人のために簡単に説明しますと、

スプラトゥーンにはプレイヤーの経験値を示すのに、
「ランク」と「ウデマエ」という二種類の指標があります。

ランクはゲームの「やりこみ度」です。

勝負に勝っても負けてもポイントが加算されます。

一方ウデマエはプレイヤーの「上手さ」です。

ガチマッチにおいて同じ実力同士で試合を行い、
勝率が一定値を超えれば昇格し、
下回ると、降格します。

ガチマッチのマッチング時は↓のように
「ランク」と「ウデマエ」が両方表示されます。

なので同じ実力同士で、
お互いどれだけやり込んでいるかがこの画面でわかるわけです。

例えばウデマエA帯でマッチングしてて、
ランクが30代の人を見ると、
「スプラのセンスあるなー」とか
「もしや、サブアカウント??」とか思ったりします。

逆にウデマエC帯でランクが高い人をみると、
「めっちゃやってる割にCかよww←(最低)」とか思ったりします(最低)。

で、これって人生における「年齢」と「実力」の関係にすごく似ていると思うのです。

年下なのに自分よりずっとしっかりしていたり、
やたら仕事ができてしまう。
自然と頭が下がってしまう後輩とか周りにいませんか?

一方で、いい歳して能力が低く、
年功序列制度にしがみついて
若者の足を引っ張る大人もいますよね。

どちらも同じコミュニティにいる以上大切にすべき仲間ですが、

あくまで「仕事」というパラダイムで見たとき、
年齢と実力とで重要視されるのは実力です。

従来の日本社会はスプラトゥーン風にいうと
確実にランク(年齢、肩書き)主義の社会でした。
しかし、最近はインターネット・SNSの発達や
働き方の多様化で才能が世に出やすくなりました。

徐々にウデマエ(実力)主義の社会になってきてます。

ランクが高いことは決して悪いことではないけれど、
ウデマエなしにランクを押し付けてお茶を濁せる時代が
終わりつつあるということです。

ホリエモンは今の社会を「タテの壁が溶けた」社会
というふうに形容されていますね。

実力が可視化しやすい時代になって来ているのです。
しかもこの流れは今後も加速していくことでしょう。

これからの時代を生きる上で
ウデマエを磨くことは必須条件になりそうです。

と、テレビ画面に向かいながらふと思ったのでした。

それでは、今回はこの辺で!

【期間限定】ビジネスの裏側大公開!初心者向け仕組化ビジネス完全攻略ガイドをリリースしました

-ビジネス全般, 偏見

© 2022 早起きしなくても、人と関わらなくても、仕事ができる Powered by AFFINGER5