【期間限定】ビジネスの裏側大公開!初心者向け仕組化ビジネス完全攻略ガイドリリースしました

大学生

「親に内緒でもできる?」退学の手続きまとめ 【大学】

ラプラス
退学の手続きについて知りたい…
ラプラス
親の同意がなくても退学できる?

今回は大学院を退学したときの記憶をもとに

退学の手続きについて書いていきます。

記事内容

  • 退学する前にやっておくべきいいこと
  • 退学の手続き【3ステップで終わります】
  • 親の同意は必要?

退学する前にやっておくべきこと

退学する前にやっておくべきこと

  • 研究室内で退学する旨の伝達
  • 実験ノート、データの引き継ぎ
  • 指導教官、学科長へ退学する旨の伝達

研究室に所属している場合は迷惑がかからないよう

メンバーには予め伝えておいた方がいいでしょう。

実験ノートやデータの引き継ぎもできるだけ早く済ませた方がいいです。

また、退学は自分の意思だけで即決定できるわけではありません。

指導教官や学務の許可が必要で、

退学に際して事前にコンタクトを取って一度審査をしてもらう時間が必要です。

少なからず指導教官や学科長から時間を頂戴することになるので、

手続きに移る前に予め指導教官や学科長にその旨をメール等で知らせておくべきです。

退学予定日から短くても1ヶ月前から余裕を持って行動するのをおすすめします。

退学の手続き【3ステップで終わります】

周囲に退学する旨を伝えたら、

退学手続きに移ります。

step
1
退学届をもらう

学生支援課で「退学届(用紙)」をもらってきます。

step
2
退学届に必要事項を記入

退学届に必要事項を記入します。

必要事項に指導教官、学科長の署名・押印欄があります。

事前にアポイントメントをとって

相手方の都合の良い時間にコンタクトを取りましょう。

また保護者の署名・押印欄がありますので自分で埋められるところを埋めたら

実家に郵送で送って返送してもらってください。

step
3
承認、提出

学務に一度あずけて各担当者の審査にかけます(審査→承認まで1週間くらいかかりました)。

承認されたら学生証と一緒に退学届を提出です。

ただ、大学によって若干手続きが違う場合もあるようなので

詳しい手続きは学務に一度問い合わせておくと盤石です。

親の同意は必要か?

退学届に保護者の署名・押印欄があるということは

保護者からの了承が必要ということです。

親御さんとの話し合いは手続き上必要ですが、

筋としてもそうすべきだと思います。

学費等の支援を受けているのなら尚更です。

ただ、どんな理由があっても

突然退学の旨を伝えたら親御さんには

少なからず動揺を与えてしまうでしょうし、

順当に考えて「卒業くらいしといたら?」の話に向かうのが

詰め将棋のように目に見えています。

身辺整理などでゴタゴタしているときに

できるだけめんどくさい話は避けたい。

とにかく手続きを一旦済ませてしまいたい、

というのがあると思います。

親の気持ちを察したら当然なんですけどね…

僕の場合はタイミングが大学院修了の半年前ということと、

就活を一切やっていないこと、

ビジネスで生計を立てていることも一気にカミングアウトしたので

母は半ばパニック気味でした。

なので、

できるだけ今後まめに連絡を取ることと、

母に協力してほしい手続きを全て明確にする(迷わせない)ことを約束して、

なんとか理解してもらいました。

ただ家庭によっては親の同意が得ずらいこともあるでしょう。

その場合は「退路を断って」話し合いに臨むと良いです。

これは今回の件に限らず何らかの決意を表明するとき有効です。

もう大学と研究室全体に辞める旨を全て伝えていて、

もちろん教授も了承済みと。

あとはあなたのサインだけです、という状態にしておくことです。

  • もう戻る場所がないこと
  • 犠牲を伴ってもやり通す覚悟があること

これらが本気度として伝わるので、

協力を得られやすいです。

あとグレーゾーンではありますが、

最悪代筆という手段もあります。

ただ、退学が承認された後は必ず退学通知が家に届くので

いずれは打ち明ける日が来ます。

一旦親を裏切るような形になるのでおすすめはしません。

それを理解した上ででしたら自己責任で。

一応手続き自体はスムーズに進みます。

是非参考にしてください。

それでは、今日はこの辺で!

ありがとうございました。

【期間限定】ビジネスの裏側大公開!初心者向け仕組化ビジネス完全攻略ガイドをリリースしました

-大学生

© 2022 早起きしなくても、人と関わらなくても、仕事ができる Powered by AFFINGER5